2012年12月09日

欧林洞のピアノ Part8

8年連続でお会いしました、欧林洞のスタインウェイ。過去7年は第一子が、そして8年目の今日は第二子がお世話になりました。

第二子にとってはピアノを習い始めてから初めての発表会。一張羅のジャケットに、緊張した面持ち。いったん練習を終え、本番までの1時間。やたらと人に突っかかります。

その様子が目に余ったので、拳骨をイッパツ。。。せっかく緊張をほぐそうと思っていたのに、やっちまった。。。

そして迎えた本番。

ほかの曲だと5分も座っていられなかったのに、この曲になったとたんに予定の30分を超えても練習しつづけたというお気に入りの曲。隣で連弾をしてくれた先生。聴衆のみなさん。そして自分の時以上に緊張した面持ちで見守る第一子。

多くの人に支えられて、無事に一曲ご披露させていただきました。

第一子のデビューから、ずっと変わらぬ音色で包んでくれる、素敵なピアノ。どうぞこれからもよろしくお願いします。

[欧林洞のピアノ:第一子編]

  • 欧林洞のピアノ

  • 欧林洞のピアノ Part2

  • 欧林洞のピアノ Part3

  • 欧林洞のピアノ Part4



  • posted by もとまちまん at 23:02| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。