2008年06月27日

¥トシガイ・最終回

以前このblogで話題にしたミュージシャン、平田明さん。

  • 今夜、ビートルズが街をうめつくして

    昨晩放送された¥トシガイの最終回に登場していました。

  • ¥トシガイ 6月26日OAのゲスト 小山薫堂

    放送作家・小山薫堂氏が人生の分岐点だったという「大学受験」。

    進学先である日本大学芸術学部放送学科の願書をくれたのが、
    隣の席に座っていた平田さんだったそうです。

    そんなきっかけをくれた平田さんに、44万円のトシガイ。
    少し、心が温かくなりましたです。はい。


  • posted by もとまちまん at 21:32| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年06月15日

    800円のかき氷

    久しぶりに第一子を連れて近所のプールへ。

  • 八部公園プール

    何度も言いますけど、「はちぶ」じゃなくて「はっぺ」です。

    1年半ぶりに訪れた市民プールは、最近読んだ本に水泳を「六十歳以降にとっておきたかった」と記述してあったのを思い出すような光景ではありましたが、それでもプールサイドでビーチボール遊びに興じる小学生の姿がちらほら見られるのは入梅と相前後して学校でプール開きがあったことの影響でしょうか。かく言う私も、今年初の水泳の授業でバタ足を披露した瞬間にAクラス入り(皆さんが想像しているのとはおそらく逆です)を命じられた第一子の、プライドをかけた秘密のトレーニングに付き合ったわけですから、“この季節ならではの異質な光景”に一役買っていたのではありますが。(いったい誰の文体なのやら)

    という話は本題ではなく、
    ひとしきり泳いだ後は、第一子の「のどが渇いた」との訴えを無視しつつ、
    自宅とは反対方面に向かったのでした。

    目的地は、そう、先日知人に教えてもらったかき氷屋「埜庵」です。

  • kohori-noan 埜庵

    秩父や日光の天然氷とこだわりのシロップを使ったかき氷は一杯800円と、
    (わたくし的には)かなり思い切ったお値段。キヨブタ。

    # 市販のシロップだと500円だそうです。

    それでも1F、2Fとほぼ満席の状態ですから、さすが鵠沼ということでしょう。
    日焼けしたプチセレブな人たちや、三世代連れのご家族でにぎわっていました。

    第一子は「すいか氷」に100円の白玉をトッピング、私は「山柚子氷」を注文。
    二人で計1,700円のかき氷。生まれて初めてでしたが、さすがにおいしかったです。

    とても上品に削られた氷にかかっていたのは、シロップというより果汁そのものの。

    # すいかは「果」じゃないんでしたっけ?

    月に一回くらいは、こんな週末があっても良いかも。
    今度は、月例湘南マラソンの帰りに寄ってみようかな。
  • posted by もとまちまん at 23:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年06月02日

    クールビズ・・・

    6月最初の平日。

    “今日からくーるびず”って方も多いことでしょう。
    ご多分に漏れず、私もノーネクタイで出勤しました。

    なんてったて、チーム・マイナス6%ですしね。

    心の奥底ではもう間に合わないんじゃないかと思いつつ、
    せめて自分の子どもが、孫が、ひ孫が、人生を送っている間だけは。

    という想いとは別に、クールビズ。

    最近は普段からノーネクタイの方も少なくないし、
    通勤電車も私の職場も、その景色はあまり普段と変わらないかも。

    でも新聞には「今日からクールビズ」の文字が躍っている。
    チーム・マイナス6%のサイトを見ても、精一杯アピールしている。

    なんだか釈然としない。

    日本全国を見渡したとき、
    スーツの上着を着て、ネクタイをしている人ってどれくらいいるんでしょう?

    1億2,000万人以上いる日本人。
    そのうち、せいぜい2千万人いるかどうかじゃないでしょうか?

    実に1/6、少数派。
    というわけで、職場の女性に尋ねてみました。

    「勝手に上着を着て、勝手にネクタイをしている人たちが“クールビズ”って、
    もしかして『勝手にすれば』って思っていない?」

    その女性曰く、「そんなことないよ。だって、見ていて暑苦しくないし、
    冷房の設定温度が上がれば寒すぎないで済むし」。

    ・・・ご迷惑をおかけしていたんですね、反省。

    それでも意味があるのです。クールビズ。
    せめて自分の子どもが、孫が、ひ孫が、人生を送っている間だけはあきらめない。

    そんな身勝手な気持ちでも、
    子どもが、孫が、ひ孫が、持ち続けてくれればいいな。

    そして連鎖してくれるといいな。ぜひ連鎖させたいな。
    その子どもに、孫に、ひ孫に。
    posted by もとまちまん at 22:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年06月01日

    デビュー@月例湘南マラソン

    かれこれ1年近く、どうしようかなぁと思っていた月例湘南マラソンに
    初エントリーしました。

    踏ん切りがつかなかったのは、近所だから。

    普段走っている道をわざわざお金を払って走るのも・・・・とか、
    受付15分前に家を出ればいいと思うと、気持ちが盛り上がらなかったりとか、

    そんなこんなで躊躇していたのですが、mixiで知り合った方に誘っていただき、
    コミュでも初エントリーを宣言して、ついに10kmの部にエントリー。

    良いですね、これ。

    「競い合う」緊張感は、自分ひとりでは決して得られないものですし、
    永久固定式のゼッケンNo.をいただけるし。

    そういえば、中学校時代の帰宅部生活から心機一転、
    高校入学後にバレー部に入ったのも、背番号が欲しかったからだったなぁ。

    ええ、楽しかったですとも。むきになりましたとも。

    完走後、ストップウォッチを止めそびれたことに気づいたのが 43分38秒のこと。
    「42分半くらい?」と思っていたものの、後の発表を見ると43分を少し超えてました。

    ありゃりゃ、ちょっとサバよんじゃった。

    日差しも強く、風も少しあり、決して楽ではない10kmでしたが、
    富士山と波をみながら走ると、苦しさも少しだけ和らぐ気がしました。

    来月は、第一子@8歳と一緒に1kmの部を走ろうかな。
    なんて考えながら、ゼッケンにアイロンをかけました。
    posted by もとまちまん at 23:13| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | marathon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。